【お久しぶりでございます。】ジャニ評論ごっこ。曲編Part1

皆さまお久しぶりです。
Jr沼に再び引きずり降ろされそうになっているしゅーです☺️
(この件に関しましてはオタク人生に関わる大きな節目になるやも知れ得ぬということで、日を改めて記事書きたいと存じます…!はぁぁぁ沼…!)

念願の休日(と言っても結局夕方まで仕事してました💢)を手に入れまして、ジムに行き、ご飯を作り、せっせとこなしていたら時間ができましたので、久しぶりに書いてみようと思います。
実は下書きいっぱいあるんです。半年前の未完成のネタとか、ずっと下書きで大事に保管されてるんです←


今回はジャニーズグループにおける、歌の特徴や雰囲気など、オタ歴が成人を迎えた自称古参が見守ってきた目線から語っていきたいと思います…!
多分長いので次の回にも渡ると思います。お付き合いください。



ではでは。
デビュー順で、TOKIO以降のグループを独自の偏見と経験則で分析していきたいと思います!
※グループによって文章量、熱量に偏りがあります。皆さん尊敬してやまないグループばかりですが、推しには熱量多めです、悪しからず。
※メンバーの話にいくとつい熱くなる慢性の病気を持っているため、できるだけ歌の特徴にだけフィーチャーして語っていけるよう努力致します…!



TOKIO
現役で活動しているグループだと最年長になるのかな?
私が初めて男性に対して「格好良い」という憧れを抱いた相手、そう、長瀬智也様が在籍されているグループです(知らんがな)
彼らはバンドスタイルなわけですが、"男くさい"という言葉がよく似合う素敵なグループですよね。
大工仕事に農業に、本業がそちらでアイドルが副業とまで言われているTOKIOさんたちですが、マイクや楽器持たせたらやっぱりアイドル。
情熱的でパワフルなボーカルの声に、後ろで支える楽器隊。
ふと楽器隊が抜かれたときの楽しそうな笑顔がたまらないんですよね。
男、青春、情熱がテーマの曲が多いTOKIO
長瀬くんのドラマ(主題歌)で青春して成長してきた私としては、兄さんたちにはいつまでもギラギラしていてほしいです…!


《V6》
「みんなが一度は聞いたことがあって、なんだか笑顔になれる曲」代表。
アイドル特有のキラキラ感というよりは、親戚のめちゃめちゃかっこいいお兄さん的な飾らない雰囲気が曲にもよく表れていて、どの世代にも愛される曲が多いですよね。
メンバー同士の仲の良さがあるから、聞いてるこっちまで肩組みたくなっちゃうWAになっておどろうの魔法。
揃いも揃って女優さんと結婚するどこまでも仲良しな方々←


KinKi Kids
来ました大本命。キンキ兄さんのこと語らせたら卒論並み、いや円周率、つまり永遠に語れますよ…!!
そういうわけにもいかないので簡潔にいきたいと思います。
できるかな(?)
一言で表すなら、頂点。至高。神。これしかない。
人それぞれ好みはありますが、私はKinKi Kidsの曲の世界観がドストライクで、もうとにかく2人が奏でるメロディーが好きで好きで堪らないんです。はい。
カラオケで下手な男の人に歌われたら確実にイラッとするので音痴な方は私の前で歌うのはやめてください(なんたる私情)
愛の切なさ、儚さ、重さ、喜び。
この2人に歌わせたら、右に出る者はいないと思います(断言)
歌詞もメロディーラインも全て好み中の好みなので、曲に愛されてるなぁといつもしみじみ感じております。
親もジャニオタだったため、生まれ落ちる前から生粋のジャニオタ人生を送ってきた私が幼少期に初めて買ったCDが硝子の少年でした。たぶん4歳くらい。※歳バレ。
そこからジャニオタとして独り立ちしたんですねぇ。(長い歴史(沼)のはじまり)
…って私の話はどうでもよろしい。すみません。
私の担当くん、ジャニーズWESTが24魂で歌っていた兄さんたちの曲は最高オブ最高でした。号泣オブ号泣。
今度別枠でキンキ兄さんについてひたすら語る記事書きますね…!!



《嵐》
よっ、国王!!(持ち上げ方のクセがすごい)
たぶん日本でこのお方たちを知らないのはたぶん山に隠居してはる仙人か今さっき生まれたベイビーちゃんたちくらいでしょうね。
真面目に分析すると、大野くんを筆頭に、みなさん御声が若くて瑞々しさがあるので、聞いていて嫌にならない、いわば万人ウケばっちりなタイプだと思うのです。
シャッフルで嵐の曲が流れてきても、飛ばそ、ってならない不思議。
ヒットするには理由があって、愛されるのにも理由がある。
デビューして5年くらいは鳴かず飛ばずだったけれど、今こうして世界中から愛されるグループになった軌跡が素晴らしい。
私は、仕事や人生に行き詰まることがあったら、帰り道に夕焼け眺めながら「明日の記憶」を聞いてゆっくり深呼吸しています。自然と泣けてきます。
日本の経済を是非救ってください(最後の砦)



タッキー&翼
事務所最後のデュエット組になるんでしょうかね。
後輩にとってもファンにとっても、永遠に伝説として語られていく2人になる。
Jr黄金期が青春の全てだった私は、滝沢秀明今井翼という存在にこれ以上ない感謝をしています。
甘い声とルックスで世の女性たちをメロメロにしてきたカリスマですからね。
2人が顔を見合わせて歌う瞬間がコンビ愛爆発してて大好きでした😂
ジャニーズソングといったらタキツバ、ってくらいTHEジャニーズソングメーカー。
(オタク目線でのジャニーズソングなのかな?)
今もなお後輩に歌い継がれる名曲の数々。
貴方達2人が残したものはとても大きい。
いまだに私もフリ完璧なくらい。夢物語とか余裕で踊れるよ←
そのくらいみんなに愛されてるんですよね。
カウコンやライブで、2人の曲をみんなで踊っているときの後輩の顔がものすごく楽しそう。
REAL DXや夢物語などなど、後輩たちとみーんなで踊っている瞬間が、生きててよかったって思えた瞬間のひとつでした。
滝沢くん、またアイドルが輝く素敵な時代、創ってくださいね。
翼くん、病気治して、また勇姿を見せてね。絶対また舞台観に行きます。
素敵な時代を牽引してくれてほんまにありがとう。

書きながら号泣してひっどいことになってるので、気を取り直して、はい次!!!😂



《NEWS》
結成当初よりメンバーが半数以下になるも、昔から変わらぬ優しさ味。(ちなみに山下担でした)
それはきっとましゅだのおかげ←
歌唱力が高いメンバーが集まっていたおかげか、繊細なメロディーも力強いメロディーもふわっと歌い上げる実力派。
全員歌が上手いとは言えないが(#貶し愛)、メンバーが減って今の4人体制になってから、より歌に透明感が増してなんか色々音楽にうるさいオタクの心はかき乱されっぱなし。
本当に一緒にいるべき人同士で集ったことで、やりたいこと、思い描く世界観が一致して、それが歌にも良い影響を及ぼしてるなぁって感じます。
「恋を知らない君へ」のあの透明感なに?やばくないですか?
良さが全部出てる…。
「減ったことで得た物は大きい」なんて感じさせてくれるグループなんて他にない。
(話す機会もないからずっと思ってたことをここで書く今更感)
歌も世界観も何もかも最高のグループなんですから、粗相は程々に、且つ、増田の誇るべきプロ意識を踏みにじることだけはないようにどうか支え合っていってください。




長くなったので次の記事に行きますね😇
お付き合いいただける方はどうぞご覧になってください🙋🏻‍♀️